×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


EPISODE of DREAMS


夢関係はこちらにまとめることにいたしました。

以前のEPISODEに出てきた夢を、
改めてこちらに掲載することもあるかもしれません。




【2008年01月01日】


 コミックスを読んでいる夢を見ました。

 その内容は、いかにも少年マンガっぽいファンタジー。
 昔の月刊少年ガンガンに載っていそうな感じです。

 ストーリーは、『少年たちが、2つの国の戦争に巻き込まれていく』というもの。
 戦火に身を投じた、まったく違う場所にいる2人の少年が主人公のようです。
 片方のストーリーで、味方を守るため敵に突撃した仲間が、
 もう片方のストーリーで別の主人公に拾われるなど、
 ザッピング要素を強く押し出す方針のようですね。

 夢なんですが。

 コミック1巻、第1話を読んだ限りでは、
 オーソドックスでありがちながら、割と楽しめそうな印象を受けます。
 第2話を読もうとページをめくると――

『キャラクター紹介!』

 1ページをまるまる使って、登場人物たちを紹介するコーナーが出現。
 いわゆる、単行本版のおまけ要素って奴ですね。
 ちょっと読んでみました。


【主人公1】
『元気と勇気が取り柄の少年。1話ごとに、急成長していく。
 旅には、幼なじみの少女が同行している。』


 いわゆるスタンダードなPC1というわけですね。
 『旅には、幼なじみの少女が同行している』 とか、まっことありがち。
 絶対、その幼なじみはヒーラーに違いないですよ。

 おや? 隣にはおっさんのイラストが。これは誰かな?



【主人公1の父親】
『主人公1の父親。戦争に参加している。
 後にラスボスになる。
 ってオイ。


 コミックス第1巻の第1話と第2話の間のページで『後にラスボスになる』 って。

 せめて『後に主人公の前に立ちはだかる』 でしょう。
 せめて“ラスト”はやめましょう。

 くそう、このキャラ紹介のおかげで、今後どんな敵が出てきても、
『ああ、こいつはラスボスじゃないんだな』
 とか思うようになるじゃあないですかッ!

 …………。

 ……やばいですね。打ち切りの気配が濃厚ですよ。
 このスピード感は全2巻完結の流れですよ。

 でも、まだキャラ紹介が続いていたので読んでみました。


【主人公2】
『もう1人の主人公。
 王子だったが、戦争に巻き込まれて国を失い、傭兵団に所属する。』


 スタンダードな主人公1とは正反対に、美形で長身、クールな少年です。
 これはこれでありがちな設定ですが、ちゃんと主人公同士のギャップを意識してるんですねー。
 夢のくせに。

 基本的には主人公1を立てるポジションですが、
 いかにも人気投票で1位を取りそうなツラと設定をしています。
 主人公1に比べてストーリーラインもシリアス度が高いですねー。

 さて、主人公1に幼なじみの少女がいるように、主人公2にもヒロイン的存在がいるようです。
 ありがちながら、バランスを重視してますねー。夢だってのに。


【謎の少女】
『主人公2と同じ傭兵団に所属する、大人びた少女。
 出自は謎だが、何か目的を持って行動しているようだ。
 戦争終了後、主人公と結婚する。
 ってコラァァアーッ!

 今! 今プロローグが終わったばかりなのに!
 そこで何故いきなりアフターの話!?
 別に『すでにある物語の過去篇』とかそんなわけでもないのに!

 ここまでありがちな流れだったところに、主人公2とくっつかず主人公1とくっつくという、
 ちょっとヒネった展開を持ってきたのはいいんですが、
 そういうサプライズは連載でやってください。

 だいたい、いったい何がどうなってそんなことになるのか。


『物語の途中で主人公2とはぐれ、
 幼なじみの少女とはぐれた主人公1に出会う。』



 書いてあったよご親切にも!

 しかも主人公1も自分のヒロインとはぐれてますよ!
 明らかに主人公2と出会って恋に落ちる流れですよ!

 お、終わる……! この物語、絶対に2巻で完結するッ……!


『ビ〜〜〜〜ッ!』(ブザー音)


 …………はっ。

「初詣行くから、起きなさーい!」

 ……………………。

 良かった……。

 これが初夢じゃなくてホントに良かった……。





【2008年03月08日】


 夢を見ました。

 マントを羽織った美形の吸血鬼が!
 白昼堂々!
 そのへんの道端で!
 牛乳の入ったワイングラスを傾けながら!
 「フフ……!」と、ほくそ笑む夢を見ました!


 ……誰か、フロイト先生を呼んでください。





【いつか見た夢】


 最近はあまりやっていないのですが、夢日記をつけていた時期がありまして。
 先日、部屋の掃除をしたら、2年くらい前の、その夢日記が出てきまsた。

 ぺらぺらっと中をめくると、解読すら困難。
 起き抜けに夢を書き留めたせいで、字がぐにゃぐにゃのふにゃふにゃになっている上に、
 ところどころ、意味がわからないことが書いてあるという。
「サッカーボールもフィールドも、見かけより柔らかいんだ!」って、何の話?

 今回紹介するのは、その中でも、ぎりぎり内容が読み取れる話です。
 一部分だけ、前にどこかのEPISODEに書いたよーな覚えもありますが、まあそれはそれとして!

 この夢は、小説だか漫画だかの物語を読んでいる感じだったので、以下、あらすじで紹介します。


〜【夢のあらすじ】〜


学生の主人公、朝、ライバルな親友と一緒に登校。
そこをゾンビーやスケルトンが襲う。
いきなり展開がB級ってどういうことだ。



ゾンビ化する主人公。
早っ!



納得できないライバル。
まあそりゃ、親友がいきなりゾンビになったら納得できないでしょうねえ……。



生徒会の乗っ取りを企てるゾンビたち。
それも、力で制圧するのでなく、政治的に乗っ取る感じ。
なんて新鮮な脳してんだ。



ライバル、ゾンビ化した人々を治す方法を探す。
いつの間にか、こっちが主人公っぽくなってますね。夢にはよくあることですが。



ゾンビ化した人々を治す方法は、わからない。
古い魔導書になら、書いてあるかもしれない。
おっと、ファンタジーっぽくなってきましたよ。



そしてブックオフへ。
無いよッ! いくら古本屋でも、そこに古い魔導書は無いよッ!


 古文書を探すのに「ブックオフに行こう!」とか、TRPGでもなかなか出てこない展開ですよ!
 ちなみに、夢自体は、この後背後から「ぼっちゃん」に襲われるあたりで、ぐっだぐだに終わった模様。
 しかしこれ、TRPGのシナリオにしたら、プレイヤーに笑いながら殴られそうですね。




【2008年11月03日くらい】


 どこの誰だか知りませんが、友達の家に招待される夢を見ました。

 なかなか広い家で、どうも何かのパーティーをやっている様子。
 その割に“友達”は仲間を集めてゲームで遊んでいるんですが、私の夢なのでしょうがないですね!

 さて。
 たぶんトイレか何かを探していたんだと思いますが、
 私は友達から離れて、家の中を出歩いていました。
 すると、何やら大きな扉を発見。
 その向こうには、いかにも広々とした空間がありそうです。
 なんだろう? そう思って、扉を開き、中を見てみると。

 白いフードつきローブを着込んだ数人の連中が、あやしげな儀式をしていました。
 なんというか、こう、黒ミサ的な感じで。

「…………。」

 ばたん。
 ……なんだアレ。

「あ、こんなとこにいたのか」
 絶句する私の後ろを通りかかったのは、家の主である“友達”。
「ん? どうしたの?」
「いや……この中で……」

 えーと……黒ミサっぽいものが……いや、でも白かったし。
 私、一瞬、言葉に迷った揚句。

「し……白ミサが……
それは普通のミサじゃないのか

 夢の中の住人に普通にツッコまれた。

「えーと、じゃあ、白い黒ミサが!
いや、意味わかんねェよ

 しかも2度!!





【2010年03月30日くらい】


 怪人の悪辣な罠によって変身ベルトを奪われてしまった仮面ライダー! さあどうする!

「ふはははは、これでもう変身できまい!」
「くっ……、仕方ねえ。奥の手だ! ダグラ・ギダ・ダグラ!」

 突如、ライダーが謎の古代語(謎なのに古代語なのはわかる。なぜか)を叫ぶと、その腰に未知の素材でできたベルトが出現!

 そしてッ!

「変身ッ!」

 ライダーは、一瞬にして赤と白とを基調とした巨人に変身……って。

 ウルトラマンなんですけど。

「この手段だけは使いたくなかったが……ッ!」

 そりゃそうだ!(版権的に)

 ……という感じで、「ちょ、待、」とか言ってる怪人を蹴散らして終了。

 平和が守られたのに、なぜか釈然としない……。
EPISODES