×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

- GURPS -
百鬼夜翔

“妖怪少女とカウントアップ”



Preplay.


  GM   それでは、『百鬼夜翔』のセッションを始めます!
  一同   おう!



 数人が同じテーブルに着き、紙や筆記具やトランプや飲み物を広げているという、この光景。
 実は、これからゲームを始めるところなのです。

 その名は、『テーブルトーク・ロールプレイング・ゲーム』。  遊び方が書かれたルールブックを元に、「ゲームマスター(GM)」が作ったシナリオを、「プレイヤー」が作った「プレイヤー・キャラクター(PC)」で遊ぶ――
 という、たいへん変わったゲームです。

 そしてこれは、「リプレイ」と呼ばれる新感覚文芸媒体。
 テーブルトークRPGのプレイ風景を録音し、さらに編集して作成された読み物です。


『GURPS百鬼夜翔』とは!
 追加システムさえ搭載すれば、SFでもファンタジーでもプロレスでも何でも来いな汎用RPGシステム、それが『GURPS』です。
 『百鬼夜翔』は、そのGURPSを使って、現代日本を舞台に、妖怪を主人公として遊ぶ追加ルールとなります。

 この世界における『妖怪』の定義は、いささか特殊です。
 河童もいます。天狗もいます。ドワーフもいれば、ゴブリンもいます。ただ、彼らは、人間の想像から生まれてきた存在なのです。
 たとえば、『サンタクロースはいるんだ!』と多くの人間が信じれば、その通りの能力を持った妖怪・サンタクロースが誕生する、という具合です。



  GM   そんな妖怪のなかでも、人間に害をなす妖怪に立ち向かう善良な妖怪たちが結成した〈妖怪ネットワーク〉――今回、拠点となるのは、高田馬場の喫茶店に存在する、〈ねじれた狐の巣穴亭〉というものです。
 では、その〈ネットワーク〉に存在する君たちの紹介をしてもらいましょう。
  プレイヤーA   はい。僕は『ロボントーX』。ロボットの妖怪です。
 『ロボントーX』というキャラが登場するアニメの主人公で、それを信じる子供たちの『想い』から生まれました。
 普段は只野 呂望ただの ろぼうという、大学生風の人間の姿に変身してますが、もとが[鋼の体]なので、よく見ると、皮膚の色がちょっと金属っぽいです。
  GM   そういう“限定”がかかっているおかげで、能力獲得必要なCPが、安く済んでいると。
  呂望   本性は、80年代くらいのロボット・ヒーローです。こんな感じ(イラストを見せる)。
 プレイヤーB   ブリキのおもちゃみたい(笑)。
  呂望   そうですね、ダサい感じです。
 特徴としては、ビームが撃てたり、ある意味どこにでも行けたりします。
  GM   [呼吸不要][飲食不要][放射能耐性]……(笑)。
  呂望   背中についてるバックパックで[飛行]できますし、[レーダー感覚]があるので、透明な敵も発見できます。
 あと、[加速]しながらパンチも撃てます。
  GM   あと、「ユーモア感覚の欠如」「正直」といった不利な特徴があるので、自分が妖怪であることを隠そうともしない。
 「義務感/子供」があるので、街中で子供が妖怪に襲われていたら――
  呂望   本性をあらわして戦いますね(笑)。
  GM   妖怪の存在は一般人には「秘密」なので、仲間が身体を張って止めなきゃいけない(笑)。
  プレイヤーB   「義務感」か〜。……「義務感/フランス人」とか取ろうかな(笑)。
  GM   計算のややこしそうな「特徴」ですね(笑)。



 『GURPS』のキャラクターは、「キャラクター・ポイント」(CP)という得点を消費して作成します。
 強い能力を取れば取るほど、膨大なCPが必要になってくるのです。
 なお、ロボントーXは「600CP」のキャラクター。一般人のCPが「25」であることを考えると、なかなか強烈な……もとい、強大な妖怪です。

 CPは、ロボントーXが持つ「正直」や「ユーモア感覚の欠如」といった「不利な特徴」を持つことによって、「稼ぐ」こともできます。
 そのため、『GURPS』のキャラクターはたいてい、結構な弱点を備えていることになります。
 特に、『弱点』が『伝承』されている妖怪キャラクターは、なおさらです。



  プレイヤーB   こちらは、妖怪ジャンヌ・ダルク。人間としての名前も同じです。
  GM   これはまた大物が来ましたね(笑)。
  ジャンヌ   この世界だと、歴史上の偉人をモデルにした『妖怪』なんかも生まれるからね。
 ただ、CPは350しかない。
 何故かと言いますと――まあ、ジャンヌ・ダルクには2説ありまして。
 1つめは、みんながよく知っている、百年戦争でフランスを救うために戦った、聖女ジャンヌ・ダルク像。
 もう1つは、敵国イギリスが『ジャンヌは魔女だ』と言って広めた、魔女ジャンヌ・ダルク像。
 そのせいで、妖怪ジャンヌ・ダルクは、聖女と魔女、別々の妖怪として生まれてきました。
  GM   なるほど。
  ジャンヌ   魔女の方のジャンヌは、1000CP以上の能力を持っているんだけど……
 そっちにCPを吸い取られてるせいで、こっちのジャンヌはCPが低いわけです(笑)。
  GM   妖怪としての特徴ってどんな感じですか?
  ジャンヌ   聖女とは言っても、普通の人間に近いので、妖術とかは特にないです。
 [人間変身]を解くと、後光が差して、剣と旗と鎧が出現するくらい。
  GM   で、そんなジャンヌ・ダルクが、なぜ、現代日本の高田馬場に(笑)。
  ジャンヌ   日本は歴史的サブカルが大好きで、『歴史上のジャンヌ・ダルク』とかも大好きなんですよ。
 なので魔女ジャンヌ・ダルクは、ここなら力を蓄えやすいと思って、今、日本に来ている。
 私は、それを追ってきたわけです。
  GM   あ、あと、魔女ジャンヌと絡められる設定があるんですよ。
 僕のPCが、正義のリカちゃん人形の付喪神なんですけど、その「仇敵」に、〈三本足のリカちゃん人形〉という邪悪な妖怪がいて、そいつが、〈多手多足のものども〉という、悪行妖怪の〈ネットワーク〉を、この近隣で運営してるんですね。
  ジャンヌ   ほう。
  GM   なので、ひょっとしたら魔女ジャンヌは、〈三本足のリカちゃん〉と手を組んでるかもしれないですね。
  ジャンヌ   なるほど、かもしれないですね。
 ちなみに、この〈ネットワーク〉に来たのは、魔女がいるという噂を聞いたからです。魔女ジャンヌの情報もあるかもしれないと。
  GM   なぜか善良な魔女が2人も所属してますからね、ここ(笑)。
  ジャンヌ   めぼしい情報は得られなかったんですが、魔女ジャンヌが日本にいるのは確実だし、何か手がかりがあるかもしれないので、今のところ、この〈ネットワーク〉に留まってます。



 実は、このプレイは、みんなで好きに妖怪キャラを作って、GMをやりたい奴がGMをやるというスタンスで行われています。
 そのため、〈ねじれた狐の巣穴亭〉には、様々な妖怪キャラクターが所属しています。
 そのなかに、魔女の妖怪が2人もいるんですねー。

 なお、私のPC〈殺戮改造人形リカちゃん〉については、こちらに話をまとめております。



  ジャンヌ   人間としての顔は、女子高生として学校に通ってます。
  GM   そういえば、この〈ネットワーク〉にいる〈見習い魔女〉も女子高生でしたね。
 鬼塚 美紀きづか みきというんですが、きっと彼女と同じ学校に通ってるんでしょう。
  ジャンヌ   じゃあそれで。
  GM   では、今回のセッションは、この2人で行いたいと思います。



Opening. 『事件の依頼』


  GM   オープニングは、高田馬場にある喫茶店〈ねじれた狐の巣穴亭〉から始まります。
 2階に探偵事務所を構えた、ちょっと寂れ気味の喫茶店ですね。
 高田馬場の大通りから脇に入って右に折れたところにあるような感じの。
  ジャンヌ   近くには、焼肉屋とか雀荘とかあるわけですね(笑)。
  GM   そうですね、人があまり来ない感じ(笑)。
 あなたがたは、ぶらりとこの喫茶店に来ている感じで。
  ジャンヌ   こんなところに入ってるなんて、先生にバレたらどうしよう。
  GM   そう言いつつ入ると、同じく学校帰りの〈見習い魔女〉美紀が、あははと笑う。
『だいじょうぶだよー、こんなトコまでバレないってー』
 ただ、君の金髪に目を留めて。
『あー……、でも、ジャンヌちゃんちょっとヤバいかも』
  ジャンヌ   人間時の容貌は「美形」ですからね(笑)。
 まあ、入っちゃおう。からんからんからーん。
  GM   そういえば、この喫茶店のマスターってまだ決まってないんだよな。
 プレイヤーAくんの持ちキャラであるところの、〈ブラウニー〉のお婆さんが、店番をしてるってことで。
  呂望   はいはい。
 あ、名前は舘守 福たちもり ふくです。
『おや、ジャンヌちゃん。今日はどうしたの?』
  ジャンヌ   ちょっと、明日のテストの勉強でもしようかと。
  GM  『ジャンヌちゃん、英語苦手だもんねー』
  ジャンヌ   はぁ……。
 英語が必修とか、わけがわかんない。(一同爆笑)



 そういう妖怪ですからね(笑)。


  ジャンヌ   世界全部がフランス語必須になればいいのに……。英語とか……ぶちぶちぶち。
  呂望   そんなことを言ってるカウンター席の奥のほうで、僕はマンガとか読んでる。
  GM  『あ、ロボさん、こんちわー』
  ジャンヌ   呂望は何を考えてるのかわからないから、ジャンヌはちょっと苦手(笑)。
  GM   そんなことをやってるとですね。からんからーんと喫茶店の扉が開いて、中学生くらいの女の子がやってきます。
 黒髪を長く伸ばした、『清純』を絵に描いたような少女ですね。制服もきっちりしている。
『あの、すいません……。この辺に、探偵事務所があると聞いたんですが……』
  呂望   応対は福がするかな。
『あー、それはここの上さね』
  GM   ただ実は、その探偵さんは今、別の事件を追いかけてて、ここにはいません。
 それを告げられると、『そうなんですか……』としょんぼりする。
  呂望  『要件だけは聞いとくよ』
  GM  『リカっていう女の人から、ここに来たほうがいい、って言われたんです』
  呂望   リカの頼みか。それなら、こっちで話を聞こう。
  GM   では、かいつまんで説明します。
 彼女は真島 佳代まじま かよ。普通の女子中学生です。
 結城ゆうきリサという、同い年の親友がいるんですけど、彼女が行方不明で、それを探してほしいって趣旨ですね。
  一同   ふむふむ。
  GM  『リサは、最近、反抗期で……学校では、いじめっ子のグループにも入っていたんです。本当は、そんなことするコじゃなかったんですけど……』
 佳代は、そんなリサにあれこれ口を出して、ウザがられていた。
 昔は登下校も一緒だったんですが、最近は、それもズラされているという。
 で、そんなリサが、3日前の下校を最後に、家にたどり着かないまま、行方知れずになっている。
『なので私、リサを探してるんですけど――、最近、誰かにつけられてる気がするんです』
  呂望   誰かに――君が?
  GM  『はい。そうしたら、道端で、リカって名乗る女の人に出会って……。
 その人に、ここに来て相談したほうがいいって言われたんです』
  呂望   で、探偵の名刺か何かをもらってきたと。
 それなら、探偵が戻るまでは、僕たちで調査をするよ。
  GM  『あ、ありがとうございます!
 お金はほとんど出せないですけど――探偵アイツにはロハでやらせる」ってリカさん言ってました!』(一同爆笑)
  ジャンヌ   大丈夫です。神は、困ってる人を見捨てたりはしません。
  呂望   では、リサって娘の写真とかをもらって。
 あと、君のケータイのアドレスも教えてくれ。
  ジャンヌ   只野さん、ナンパですか(笑)。
 あ、私、「保守的」なせいで電子メールとか苦手なんで、こっちの番号だけ教えておくね。
  GM   では、『お願いします』と言って、佳代は去って行った。
  ジャンヌ   只野さん、あの子、つけられてるって言ってたけど、帰しちゃっていいんですか?
  呂望   まあ、こっちもつけるべきだろうが……。
  GM   そんなことを話してると、じりりりりん、と喫茶店の黒電話が鳴ります。
 かけてきたのは、リカです。
 『ダダダダッ、ダダダダダダッ!』という音を背景に、声が聞こえる。
『おう、只野かっ!』
  呂望   ああ。なんだ、またドンパチやってんのか?
  GM  『ああ! ちょっとな!』
 どかーん!
『ああっ、ジャック! 衛生兵、衛生兵ーっ!』(一同笑)
  呂望   で、何の用だ。
  GM  『こっちに来る前に、少女をひとり、そちらに紹介した!
 いつもの私の〈リカちゃん電話〉に引っかかってな!』
 ――彼女には、『少女の無意識の悲鳴が電話となってかかってくる』、〈リカちゃん電話〉という妖力があって、それで佳代の苦境を聞きつけたら、なんか妖怪が絡んでるっぽかったので、〈ネットワーク〉を紹介したと。
『嫌な予感がする。ひょっとしたら、〈多手多足のものども〉が関わってるかもしれん!
 あと、五道の奴に、ちょっとこのへん調べとけと言っておいたから、あとはあいつに聞け!
 じゃ、切るぞっ!!』



 リカとの電話を終えて、とりあえず、佳代を家まで送り届けるふたり。
 〈尾行〉技能判定に失敗したので、佳代をつけている者がいるかどうかは、わかりませんでした。



  GM   特ニ尾行シテル奴ハイナイヨ。
  ジャンヌ   しょうがない。
  GM   さて、五道さんから電話が来ました。
 彼、五道 結理ごどう ゆうりは、妖怪とタッグを組んで活躍する、人間の探偵です。
 妖怪については、よく知っているので、もちろん君たちとも良好な関係。
  ジャンヌ   もしもし?
  GM  『あ、ジャンヌちゃん? 五道だけどさあ。
 なんか、リカの奴から、変な依頼を横合いからぶちこまれてさあ。調べろ、って言われたこと、調べたんだよね。
 はぁ……。なんで、カネにならない仕事を押しつけてくるんだ、あいつ』
  ジャンヌ   お、お疲れさまです(笑)。
  GM  『結城リサがいなくなったって件に関してだけど、この近辺で、彼女以外にも行方不明者がいるんだ。
 調べた限りでは――名前はシナリオ的に重要じゃないんで端折るけど――、OLと、じーさんと、大学生と主婦』
  ジャンヌ   なんとも共通点のない。
  GM  『OLは、男を騙しちゃあ貢がせてるって評判でね。
 じーさんは、どうも犬嫌いで、犬を飼ってる近所の人に、嫌がらせの電話をしてたらしい。
 大学生は、この辺りを飲み歩く乱暴者。
 主婦は、とにかくイヤミばっかり言ってる人だそうだ。
 この人たちが、ここ一週間に、不定期にいなくなってるらしい。
 こっちで調べられるのはこれが原因だから、あとは頼むよ』
  ジャンヌ   ……ってことらしいですよ、只野さん。
  呂望   どうも、人から嫌われる連中がいなくなってるようだね。
  ジャンヌ   これはあれですよ。天罰。
  GM   事件解決。(一同笑)
  ジャンヌ   とりあえず、いなくなった人たちの関係をあたってみますか。
  呂望   あと、未使用CPを使って、魔女さんに佳代を見張ってもらいましょう。《透明の目》で。



 『百鬼夜翔』では、未使用のCPを消費することで、同じ〈ネットワーク〉の仲間の手助けを得ることができます。
 今回は、プレイヤーが2人ということで、未使用CP枠を2点分、GMから提供しています。

 それを使って呼んだのは、正真正銘の魔女妖怪、水之江 亜陽みずのえ あや
 600CP級の妖怪である彼女は、様々な魔法を習得しています。不可視の眼を飛ばして、超遠距離の光景を監視する《透明の目》の魔法も、維持コストなしで発動できるほどの実力者です。



  GM   では、水之江さんは、佳代の監視をしてくれます。
 あと、彼女は頭がいいので、なにか調べてほしいことがあれば、代わりに判定してくれます。
  呂望   これで彼女はオーケー。あとはどうしようか。
  ジャンヌ   只野さんは大学生だから、大学生の話が聞き込みやすいんじゃないでしょうか?
  呂望   大学生“風”なだけで、大学生じゃないよ。
  ジャンヌ   なん……だと……?(一同笑)
  GM   時刻はもう遅いので、調べるとすれば翌日の朝からね。
  一同   了解。
  GM   では、翌日の調査に移りましょう。



 次回へ続く