村超スピリッツ!
ミズイロユウキ




Preplay  村超スピリッツ!


GM   では、セッションを始めるよー!
一同   おーう!



 数人が同じテーブルに着き、紙や筆記具やダイスや飲み物を広げているという、この光景。
 実は、これからゲームを始めるところなのです。

 世の中には、『テーブルトーク・ロールプレイング・ゲーム』という遊戯がございます。
 遊び方が書かれたルールブックを元に、「ゲームマスター(GM)」が作ったシナリオを、「プレイヤー」が作った「プレイヤー・キャラクター(PC)」で遊ぶ――
 という、大変楽しく奇奇怪怪なゲームです。

 ルールブックの値段はそれほどではないものの、1回のプレイに3〜4時間かかるという、やたら時間的コストが激しいこのゲーム。
 こんなゲームを趣味にするのは、よほど変わった人でしょう。

 そしてこれなるは、「リプレイ」と呼ばれる新感覚文芸媒体。
 テーブルトークRPGのプレイ風景を録音し、さらに編集して作成された読み物です。

 リプレイを読むと、
 (さ、作者の力量次第では)物語としても楽しめる上に、
 テーブルトークRPGの遊び方まで分かってしまうという、
 一挙両得の効果が発生します。

 『富士見ドラゴンブック』『ファミ通文庫』からは、多数のリプレイが出版されていますし、
 我がサイトを含め、オンライン上にも無料で読めるリプレイがUPされておりますので、どうぞ探してみてください。



GM   じゃあ、まずは、「村超スピリッツ!」というゲームの世界観について説明しよう。



――世界は、村で出来ている。


 村の集合体、それこそがこの世界であった。
 それぞれの村は、高い『村超力』――すなわち世界を繁栄させる力――を持った、
『村長』たちによって、統治されていた。

 そんなあるとき、世界に戦乱が起こった。
 よその村を合併し、村に備わっている『村超力』を奪い取ることで、自分の村の『村おこし』を図った村長たちと、それに対抗せんとした村長たちの激突のためだ。

 村長たちは、激しい戦いを繰り広げた。
 ――山は裂け、大地は割れ、木々は焼け、花々は枯れた――

 やがて――村長たちは、気づいた。
 我田引水を試みた自分たちの争いのせいで、世界が荒廃してしまったことに。
 それだけではない。
 戦いあう村長たちの負の念は、『裏村超力』と化して、世界にあふれ始めたのだ。
 この力は、どんな人間にも高い『村超力』を与えるが――振るうたび、世界の荒廃が進んでいくというものだった。

 村長たちは自らの行いを悔やんだ。
 そして、争うことをやめ、世界を荒廃から救うべく、『村長連合』を発足。
 これから村長になろうとする若者や、村長としての立場を次代に譲った老人を集め、チームを組ませて旅をさせることにしたのだ。
 旅の最中に出会う村々と交流し、『裏村超力』の気配あらばこれを浄化する崇高な使命を与えて――。


――これは、村長たちの贖罪の物語である。



GM   というわけで、君たちには村長をやってもらうことになる。
 さらに今回は、事前に特殊な設定を配っておいたので、ちょっと変わった村長になるわけだ。



 今回、あらかじめ「キャンペーン・ハンドアウト」という設定をプレイヤーに渡し、キャラクターを作ってもらいました。
 同じキャラクターを使って、全3回予定の連作シナリオをやるつもりなのです。
 基本的に、このゲームの世界観が「なんでもあり」なので、ひっでえキャラクターばっかですが、
 ――お覚悟を。


◆キャンペーン・ハンドアウト

 あなたは、パーティを組まず己の目的のため世界を放浪する、「はぐれ村長」だ。
 あなたの村には、ある秘宝があった――だが、突如として現れた、【光の速さで居合い抜く、もの言わぬサムライ】の襲撃を受け、それが奪われてしまったのだ。
 それを取り戻すため、あなたは旅に出たのだった――。


◆今回予告

 《音楽》と《パイロット》を特産物とする村――《ミンストレル》。
 音楽に呼応する特殊金属《インストゥルメタル》が組み込まれた人型機械、
《インストゥルメンタリオン》(ISM/イズム)を特産物とするその村は、

 今、まさしく危地にあった。

 裏村超力の影響を受け、邪悪にそまった水の精――ネレイDEATH。
 強大な力を揮う妖物が、この村を食いつくさんと牙をむく。

 抗いか――恭順か。

 迷える岐路に立たされて、少年ひとり、疾駆する!


村超スピリッツ! 「ソライロセカイ」 CHAPTER.01
「ミズイロユウキ」


 ――これは、村長たちの、追撃の物語である。



プレイヤーB   我々の中に、少年がいまセーン。
GM   少年はNPCだッ!(一同笑)
 というわけで君たちは、【村の秘宝】を奪っていった、【光の速さで居合い抜く、もの言わぬサムライ】を追って、まずはミンストレル村に辿り着くわけだ。
 では、キャラクター紹介をしてもらおうか。村の特産物もちゃんと説明してね。
プレイヤーA   じゃ、僕から。
 村の名前は【テトペッテン】村。特産物は、《宇宙》と《異種》。
 僕の名前は、【アンリタンブール】。まあ好きに呼んで。
プレイヤーB   じゃあ、【イスタンブール】って呼ぶよ。
プレイヤーA   それ別人なので!
GM   リプレイで書くと長いから【ブー】って表記してもいい?
プレイヤーA   すいません【アンリ】と呼んでください。
プレイヤーB   ここで【アンリたん】と表記すれば、GMの人格が疑われますよ(笑)。
GM   それはイヤなので【ブータン】にしとくよ。
プレイヤーB   それも違うところだ!(笑)
アンリ   ……えー、このテトペッテン村は、とても特殊な村でして。
 住人は、僕と“彼女”しかいないんです。
GM   ……なんだって?
アンリ   “僕”ってのが、そもそも、意識を共有している群体でして。
 村の大地自体――この場合、惑星になるんでしょうか。それは、“僕”のひとつが肥大化したものになってるんです。
 その内部にコロニーを作って、僕は生活してるんです。
 本来の姿は、なんかウニョウニョした不定形のモノだと思ってください。
GM   すげえ設定だな(笑)。
アンリ   つまり、“アンリタンブール”ってのは種族名なんですね。
 で、僕らは非常に劣等種で――生殖能力が極端に低く、群体の寿命も40年ぐらいなんです。
 一度ヤッちゃうと死んじゃうくらいの貧弱な生命体なんですよ。



 
それにしてもこのプレイヤー、卑猥である。


アンリ   だからこう、群体から分裂した個体たちの間で切磋琢磨して、いちばん優良な遺伝子を残そうとしてます。
 なので、個体にはそれぞれ違った個性があるんですね。
GM   ほう。
アンリ   【村の秘宝】は【女の子】で、何年かの周期ごとにどこからともなく現れます。
 どこかから、うちの種族を救済するために現れる女の子がいるんですよ。
プレイヤーB   都合のいい女の子だ。
アンリ   彼女は何年か周期でやってくるって言いましたけど、毎回、同じ容姿です。
 で、アンリタンブールは、彼女と生殖活動を行うために、彼女に気に入られるよう切磋琢磨して、自分を磨いていくわけなんですね。
 本来の姿は不定形だけれども、女の子と生殖するために、人型になることもできる。
GM   ……なあ、俺、これリプレイに書かなきゃだめかな。(一同笑)
アンリ   伏字とかで。
GM   じゃあリプレイ中、君の発言は全部伏字にしとくよ。
アンリ   全部ッ!?
プレイヤーC   存在が伏字かー。
アンリ   ちなみに、村長武器は“荷電粒子ホーン”。
 身体の一部が突起状に出まして、そこからビームをビシャッと撃ちます。
プレイヤーB   伏字ですか。
プレイヤーC   伏字なんちゃいます?
アンリ   そんな感じで、アンリタンブールでした。おっけおっけ。
GM   いやオッケーなのか?
プレイヤーB   もうダメでェす。
GM   では、次のキャラに行こうか。
プレイヤーB   ハイ。出身は【大乗ウェスタン村】、特産物は《武人》と《宗教》。
 名前は【サンチョ法師】デェス。気軽に【サンチョ】と呼んでくだサァイ。
アンリ   チョーさん! チョーさんですよ!
サンチョ   チョーさんだとアゴがしゃくれてしまいマァス!(笑)
GM   サンチョースピリッツ!!
サンチョ   落ち着いてくだサァイ!!(一同笑)
 というわけでデスネ。
 かつて男たちが、一攫千金を目指して、果て無き荒野を西へ西へと進んだ結果……開祖であるところの【ビリー・ザ・大師】が、【仏典・西部の掟】を持ち帰ってきたノデ、一夜にして、ミリオンダラーを夢見ていた男たちは、曼荼羅(マンダラー)を夢見る男たちに変わってしまいマシタ。
GM   なんだこのブルースブラザーズ的な適当さは(笑)。
サンチョ   というわけで、仏の教えを広めるべく、ガンナーたちが大暴れ。
GM   なんという禅GUN!
サンチョ   それも考えマシタが、修派が違うノデ(笑)。
 編み笠をかぶってガン袈裟ベルトを身に着けたウェスタン法師たちが大暴れするヒドい村です。
アンリ   得物、クリカラガンだっけ?
サンチョ   数珠を弾頭に使った、倶利伽羅不動GUNデース。
 悪を叩くお不動さまが龍の姿を取ったのが、倶利伽羅不動デース。
 思わずナウマクサンマン弾とか言いそうになりマース。(一同笑)
GM   まあ、ブラックロッドと考えれば、まだしもヒドくはない……いやヒデぇよ!(一同笑)
サンチョ   大師は村で後進を育て、育った法師たちは世界中に散っていきマス。
 そして、強くなって戻ってきた法師は、大師と西部の決闘を行い、勝つことで新たな大師となるのデェス。
GM   なんかもうザビーとか思い浮かんでくるんだけど(笑)。
サンチョ   ザビーと違っテ、普通の容姿なのデ、タチが悪いデース。(一同笑)
 普通のウェスタン法師デース。
アンリ   普通ってなんだ?
サンチョ   あと、カタコトなのは、どんな土地にも教えを広めるタメ、どんな土地でも喋れるようになった結果、どこの言葉でもカタコトでしか喋れなくなったデース。
GM   ちなみに村超ワールドの言語体系は、日本語が共通語です。
 あとは村ごとに方言があったり、英語やドイツ語やフランス語が喋られていたりするカンジ。
サンチョ   ジャナパーイズされてマスよこの世界!(笑)
アンリ   じゃあ、そろそろ一服の清涼剤の女教師キャラに……(笑)。
プレイヤーC   はあ。みんなよりキャラが薄いんですよね。
サンチョ   ワタシよりキャラが濃くなったら、人間性の危機でェす(笑)。
 自分で自分のこと人間性がクライシスしてると思ってるから(笑)。
プレイヤーC   PC名は【フスタ・フラジェッロ】。
 「フスタ」も「フラジェッロ」も鞭の名前です。
 つまりムチムチです。(一同爆笑)
GM   一瞬で人間性がクライシスしたぞ!?
 ちなみに、実際どこのムチなの?
フスタ   フスタがスペイン語、フラジェッロがイタリア語です。どちらも音楽系の鞭、パーカッションですね。
 キャラは、【イーディケ村】から来た女教師です。
 この村には、なにか大きなモノが封印されているそうでして……なんでも、村超力だけでなく、みなさんの力を合わせてようやく封印できた、ということを伝えるために、大きな碑石が残されているそうです。
 というわけで、村長じゃない人の力も尊重しようじゃないかと、世界を守れるような力を持つ人間を育成する学園を建てました。
GM   ほほう。
フスタ   しかし、気づけば学園長には村長が就き……
『あ、世界守るの? じゃあ、君たち世界の下僕だね』
 ということで、《畜産》と《祭》が特産物です。
GM   そ、その《畜産》の対象っていうのは……。
フスタ   世界の下僕――生徒です。(一同笑)
サンチョ   NO! サディスティックNOデェース!(笑)
GM   ちなみに《祭》分は?
フスタ   封印されたのがよっぽど強い奴だったらしいので、月に1度、それを鎮めるためのお祭をやってます。
 で、【村の秘宝】は【封印具】です。なんか気づいたらサムライに盗まれてて。『ちょっと取り戻して来い』と言われていろいろ調べてみると、『あれ? これ取られるとやばいんじゃない?』とわかったわけです。
GM   すでに伝説が形骸化しているわけか。
 そういえば、アンリとサンチョは盗まれた状況を言ってなかったっけ。
サンチョ   そうデスねー。ウチの村は、西から持ち帰ってきた【西部の掟】が盗まれてしまっていマース。
アンリ   こっちは【女の子】ですね。
サンチョ   サムライが何を気にしてるのかサッパリわかりまセーン!(笑)
 【西部の掟】と【女の子】と【封印具】デース!
GM   【西部の掟】にのっとって【女の子】を【封印】するんじゃね?(一同笑)
アンリ   んー、ウチは、そろそろ発情期の周期に入ったので……。
サンチョ   なんか言い始めマシタ!(笑)
アンリ   なので、女の子の気を引こうと、みんながそれぞれ頑張ってたわけなんですが……。
 そこに、外壁をぶち破ってサムライがやってきまして。
GM   そして、ものも言わずに女の子をひったくって行ったと。
アンリ   な、なにをするだァーッ!(笑)
サンチョ   ただの誘拐犯デース!
フスタ   変態誘拐犯やないですか(笑)。
GM   つーか女の子って具体的にどんなんだよ(笑)。
アンリ   毎回、性格が変わるので……今回は、委員長タイプの普通の女の子でした。
サンチョ   (プレイヤーの)趣味が出マーシタ(笑)。
GM   では、こんなメンツでセッションを始めるんだけど……
 どうしよう。(一同笑)


 続く。