村超スピリッツ!
法師連続解脱事件




PrePlay


GM   はい、じゃあ、村長のセッションをやるぞー!
一同   おー!



 数人が同じテーブルに着き、紙や筆記具やダイスや飲み物を広げているという、この光景。
 実は、これからゲームを始めるところなのです。

 世の中には、『テーブルトーク・ロールプレイング・ゲーム』という遊戯がございます。
 遊び方が書かれたルールブックを元に、「ゲームマスター(GM)」が作ったシナリオを、「プレイヤー」が作った「プレイヤー・キャラクター(PC)」で遊ぶ――
 という、大変楽しく奇奇怪怪なゲームです。

 そしてこれなるは、「リプレイ」と呼ばれる新感覚文芸媒体。
 テーブルトークRPGのプレイ風景を録音し、さらに編集して作成された読み物です。

 リプレイを読むと、
 物語としても楽しめる上に、
 テーブルトークRPGの遊び方まで分かってしまうという、
 一挙両得の効果が発生します。

 『富士見ドラゴンブック』『ファミ通文庫』からは、多数のリプレイが出版されていますし、
 我がサイトを含め、オンライン上にも無料で読めるリプレイがUPされておりますので、どうぞ探してみてください。



GM   ではまず恒例、「村超スピリッツ!」というゲームの世界観について!



――世界は、村で出来ている。


 村の集合体、それこそがこの世界であった。
 それぞれの村は、高い『村超力』――すなわち世界を繁栄させる力――を持った、
『村長』たちによって、統治されていた。

 そんなあるとき、世界に戦乱が起こった。
 よその村を合併し、村に備わっている『村超力』を奪い取ることで、自分の村の『村おこし』を図った村長たちと、それに対抗せんとした村長たちの激突のためだ。

 村長たちは、激しい戦いを繰り広げた。
 ――山は裂け、大地は割れ、木々は焼け、花々は枯れた――

 やがて――村長たちは、気づいた。
 我田引水を試みた自分たちの争いのせいで、世界が荒廃してしまったことに。
 それだけではない。
 戦いあう村長たちの負の念は、『裏村超力』と化して、世界にあふれ始めたのだ。
 この力は、どんな人間にも高い『村超力』を与えるが――振るうたび、世界の荒廃が進んでいくというものだった。

 村長たちは自らの行いを悔やんだ。
 そして、争うことをやめ、世界を荒廃から救うべく、『村長連合』を発足。
 これから村長になろうとする若者や、村長としての立場を次代に譲った老人を集め、チームを組ませて旅をさせることにしたのだ。
 旅の最中に出会う村々と交流し、『裏村超力』の気配あらばこれを浄化する崇高な使命を与えて――。


――これは、村長たちの贖罪の物語である。



GM   このゲームの特徴として、《特産物》を組み合わせることによって、村の特徴と、村長の能力が同時に決まるようになっているよ。
プレイヤーD   村を育てるんですね。
GM   『つくろう! マイ村!』みたいな(笑)。
プレイヤーD   やったー、牛が来たぞー(笑)。
GM   だが《牧畜》と《サイバー》の村からの牛なので、サイボーグだった。
プレイヤーD   乳もしぼれないし、肉も採れない……こんなのひどい……!
GM   ビームは出せる。(一同爆笑) 乳しぼりの要領で。
プレイヤーD   牛乳を出せ(笑)。
GM   ま、そのへんは、どんな村になるかどうか次第だ。
 では、まず今回のシナリオの予告をさせてもらおうか。



◆今回予告

 《宗教》と《武人》の村――大乗ウェスタン村。

 かつて、一攫千金を目指す荒くれたちが、果て無き荒野を西へ西へと進んだ結果……
 西へ進みすぎて行方不明になってしまった開祖【ビリー・ザ・大師】が、
 【仏典・西部の掟】を持ち帰ってきたことにより、
 ミリオンダラーを夢見ていた男たちは、一夜にして、曼荼羅マンダラーを夢見る男たちに変わったという――。
 そんな村である。


 その地はいまや、危機に瀕していた……!


 狙われた、アカシックレコード!
 次々に殺害されていく法師たち!


 村長たちは、この危機を払えるのか……!?

 
村超スピリッツ!

「法師連続解脱事件」

(一同爆笑)


 ――これは、村長たちの、贖罪の物語である。



GM   というわけで、君たちは、大乗ウェスタン村を救いに行く村長のパーティを組んでもらいます。
 まずは、特産物を決めてみようか。これは、他のTRPGにおけるクラスに相当する概念だけど、ダイスを振って決めても、バランス的には何ら問題ありません(笑)。
プレイヤーB   (ころころ、とダイスを振る)《忍者》と……《林業》!?
プレイヤーC   木こり忍者かー。
プレイヤーA   手裏剣とかで枝を落とすんだな(笑)。
GM   変わり身の術用の木材を、世界に輸出している(笑)。
プレイヤーA   ではこちらも。(ころころ)《パイロット》と、《騎士》!
GM   おっと、カッコいいのが出たじゃあないか。
プレイヤーA   いやいや、俺の中ではもう、クソみたいな設定が固まりましたよ。(一同笑)
プレイヤーC   (ころころ)《奉公》と《変身》。
プレイヤーA  『俺が本物だと思っただろう、馬鹿めッ!』(一同笑)
GM   あるいは、
『ご主人さま、危ないッ! 変身ッ!』
『ほう、貴様もメイドか……面白い! 変身ッ!』(一同笑)
プレイヤーC   んー、《変身》を振り直しましょう。(ころころ)《予言》か。
GM  『ご主人さま、そのまま3歩進むと落とし穴に……、』(一同笑)
プレイヤーC   《予言》でいいや(笑)。
プレイヤーD   (ころころ)《土木》と……《運送業》。
一同   普通だー!(一同爆笑)
プレイヤーD   逆に難しいわー!(笑) もう1個振ってみる……(ころころ)《義賊》!
GM  『馬鹿ものー、今通り過ぎたのが奴のユンボだー!』(一同笑)
 さて、あとはルールに従って、キャラメイクだ。



 で。


GM   もう、みんなキャラはできたね?
 では、出来上がったキャラクターを紹介してもらおう。



◆プレイヤーA


プレイヤーA   それじゃ、こちらから紹介を。
 村の名前は、《母艦ブレートグリテン村》。《パイロット》と《騎士》の村です。
GM   村なのに母艦ってどういうことだよ!(笑)
プレイヤーA   この村、現在では、大西洋的なところに留まるひとつの島として存在しており、《村長連合》の【連合拠点】になっています。
 それは、かつて犯した罪により、【呪われた地】と化しているからです。
GM   ほほう。
プレイヤーA   騎士とは、相棒となる馬がいるものですが、とある馬がですね、
『これからは、騎士が馬を選ぶ時代ではなく、馬が騎士を選ぶ時代だ!』と。
GM   なんで馬がしゃべるんだろうね。
プレイヤーA   村超力に満ちてしまったせいですな。
 そして、馬としての力を解放した結果、騎乗者は、人の身では耐えられなくなってしまった。(一同爆笑)
『われわれ馬は、もはや人を乗せるには適さないッ!
 しかし、長年培ってきたこの戦闘スタイルでは、騎士的なものを乗せざるを得ないッ!』

 ――その結果、騎士の形をしたパワードスーツを乗せることに。(一同爆笑)
 ということで、これまで数々の武勲を残してきた騎士の名を冠したパワードスーツを背中に乗せることを夢見る馬たちの村となったわけですが。
 みんなの憧れ、騎士王アーサーの名を冠するパワードスーツを造ろうとした、いろんな伝承を元にした結果、アーサーが嫁寝取られて暴走してしまい。
プレイヤーC   騎士! 騎士!(笑)
GM   なんでそんないらんところを取り入れるのか。
プレイヤーA   で、アーサーを乗せるために育てられたエクスカリ馬が、(一同爆笑)
『俺がこの暴走を止めるッ!』
 と共にグレートブリテンから飛び出し、海の中に沈んでいくという――
GM   最終回が(笑)。
プレイヤーA   という最終回があったので、この嫁寝取られて裏村超力全開になったアーサーを封じるため
 《母艦グレートブリテン》がこの場に留まり、【連合拠点】として監視しているわけです。
GM   抜いてはいけないエクスカリ馬(笑)。
プレイヤーA   そんな馬たちの村です。
 普段の見た目は、騎士型のパワードスーツを積んでる馬なんですが、その荷から、マニピュレータとかが出てきて、いろんな作業をします。
GM   二本立ちにはならんぞ、と(笑)。
プレイヤーA   ええ。で、ウチのキャラクターは、そのなかでも屈指の能力を誇り、《セイブ・ザ・クイーン》の名を冠するに至った馬でございます。
 というわけで、名前は《セイブ・ザ・クイーン号》。村の【人気者】です。若人なので三歳馬。
 騎士は、円卓の騎士の名を冠したパワードスーツ、機動重騎士ガーウェインを拝領しています。
 基本的には、近距離で高い威力を発揮するタイプのキャラです。《チャージ》で突撃しつつ、《ホーミング・ミサイル》と《クリティカル・バスター》が撃てます。
GM   おい、なんか出てるぞ! 騎士からぬものが!!
セイブ   あと、[馬術]というスキルを持っていますが、これは人間で言うところの[体術]に相当します。(一同爆笑)
 また、[騎士道]スキルを代償に発動させる《輝ける救いの騎士ナイト・イン・シャイニング・アーマー》で防御力をアップしたり、味方をかばいまくったりできます。
 外見的な特徴は、純白のカッコいいイケ馬だと思ってください。ちゃんと、騎士の儀礼的な装飾を施されています。
 えーと、他に説明することあったかな……。
GM   CV。
セイブ   『いい声でしゃべる』くらいしか考えてねえよ!(一同爆笑)



◆プレイヤーB


プレイヤーB   キャラクター名は、『ジャック=乱破(ランバー)』!(一同爆笑)
 あるところに、マークウッドという森があったんだけど、別名、《闇の森》と呼ばれてまして。
 非常に広大なんですが、そこに棲息している生物が尋常ではなく。
 常に高い木々によって太陽光を遮られた、その森に棲息する生物は、裏村超力の影響で狂暴化しており、その森に入った人は、出て来られないと言われるほど。
 動物はもとより、植物までもが根ごと移動し、人を襲う。そんな、狂気の森へと化しているわけです。
GM   なるほど(笑)。
ジャック   そこであるとき、人々は、この森の木々を倒伐することを決定しました。(一同笑)
 それを受けて派遣されたのが、後にマークウッド村となる、この村の先祖でして。
 彼らは、凶悪な木々に対抗するために、独自の罰裁術を生み出しました。
 それこそが、マークウッド罰裁流。
 今まで数々の罪を犯してきた木々を罰し、罪を裁くわけです。
GM   人斬り罰裁斎とかいそう。(一同笑)
ジャック   そんな彼らは、木々に対抗するための数々の暗器――罰裁刀たるチェーンソーや、ロングノコギリブレード、シューティング・ノミなどを開発し、様々な体術を身につけました。
GM   シューティング・ノミ!?(笑)
ジャック   木々は非常に狂暴で素早く――
セイブ   木々が素早いとか、初めて聞いたわ(笑)。
ジャック   そこで彼らは、足を鍛えて対抗。また、光の注がぬ森で活動するため、闇に潜むすべを身に着け、数々の暗器を生み出した。
 そして、そのマークウッド罰裁流の中でも、特に優れた者に与えられる称号こそ、『乱破』。
 それによって、マークウッドの森の脅威は抑えられることになり、実はこの木々、非常にいい木材となることが判明したので、村は、安定した生活を続けることができるようになりました。
 しかし、何年も経ったあるとき、村から反逆者が現れた――
 ここの詳細は考えてないので、GMよろしく。(←投げた)
GM   まだ語るべき時ではない。(←逃げた)
ジャック   そしてジャックは、村のトーリョーから、その反逆者を追撃する任を受け、広い世界へ飛び出すことになったのです。
セイブ   トーリョー(笑)。
GM   頭領なのか、棟梁なのか……(笑)。
 きっと、人斬り罰裁斎を追ってるんですね。
『世の中の人間は、俺が剪定してくれよう!』とか言い出す奴を。
ジャック   ああ、マークウッド罰裁流の技を人間に対して振るうことは、禁忌だからな。
 えー、戦闘能力としては、シューティング・ノミで遠距離から攻撃します。
 回避もちょろっと伸ばしてあるかな。あと、「地形効果・暗闇」や「森林」にいると、逆に強くなるぜ。
 マークウッドの木々は凶悪だ……。一瞬でも動きを止めると、ひとたまりもないからな。
GM   この確固たる世界観が、他の文化と絡むところに注目ですね。



◆プレイヤーC


プレイヤーC   地堀星と書いて、ドリルと呼ばせます。というわけで、我が名は地堀星グレン石川です。
 《土木》と《義賊》の村、ブレイク百八星村からやってきました。(一同爆笑)
GM   口に出した後にじわじわ来るな、この村名(笑)。
プレイヤーC   ブレイク百八星村は、他の村のように、人が長く住んでいた村ではありません。
 裏村超力が世にはびこりすぎていると危機感を抱いた建築野郎どもが集い、
 「梁山泊」と呼ばれる要塞を、各地に一夜で築き上げていくようになりました。
GM   各地に築くのかよ!(笑)
グレン   で、そんな連中のなかでも、俺は土を掘るのが仕事です。そろそろ大きくなったので、おまえも外に出て人助けをしてこいということで、旅に出ました。
 《ケミカル式アンカーボルト》で味方の転倒を防ぐのが得意です。あと、土を掘ることで、誰かを好きな場所へ移動させたりすることもできます。
 それ以外は、あまり尖ったところはありません。
GM   設定以外は。
グレン  『そのトンネルがあれば、すべてが盗めると思った――』
セイブ   そのゲーム、買うかどうか怪しいんだけど。



◆プレイヤーD


プレイヤーD   最後は私ですね。
 えー、出身は、『サーバン島 第2059村』。
ジャック   ……なんだって?(笑)
セイブ   村、多いな(笑)。
プレイヤーD   そこに住む、占い師セバスチャンでございます。
 この『サーバン島』は、メイドとバトラーしか住んでいない島でですね。
 メイドとバトラーたちが、《奉公》の腕を鍛え上げる、一種の楽園だったわけです。
 しかし、その噂を聞いたご主人さまたちが、大挙して押し寄せ。(一同爆笑)
 現在、『サーバン島』の人口比率は、【ご主人さま3:サーバント1】になっております。
セイブ   足りてねえ!!(爆笑)
GM   侵略されたみたいになってんだけど!?(爆笑)
セバスチャン   しかし、そのことによって、1人1人のサーバント力が開花ッ!
 この『サーバン島 第2059村』のサーバントたちは、予知能力が解禁されてですねッ!
 ご主人さまが申しつける前に準備をすることで、多すぎるご主人さまに対応しているわけでありますッ!
 村特徴は【豊穣の地】。うん、ご主人さまが豊穣だね。
セイブ   いきなり占い始めて、
『きゅぴーん! あなたが私のマスターかッ!』とか言い出す(笑)。
セバスチャン   で、三千世界に満ち満ちるご主人さまたちを、日夜さばいているわけであります。
 データ的には、予知能力を駆使して、相手の回避を下げたり、《ベッドメイキング》で「地形効果」を除去してベッドにしたりできます。
GM   そんな効果を書いた覚えはねえよ!(笑)
セバスチャン   《ベッドメイキング》には、発見済みのトラップを解除する効果もあるので、そういうものも取っ払って、ベッドにする。
GM   結局ベッドになるのかよ!(笑)
セイブ  『奴らが通った後には、ぺんぺん草一つ残らねえ……あるのはベッドだけだ……
セバスチャン   また、ご主人さまをサプライズで喜ばせるために、「トラブル・メイカー」のトラップを設置したりすることもできます。
 あと、邪魔者を蹴散らすために、移動しながら敵を弾き飛ばす、【フォーシブル】というタレントも取りました。
GM   ……ん? ちょっと待って?
 なんかさ、セバスチャンが敵を吹っ飛ばし、グレンがセイブをイイ位置に移動させ、ジャックが邪魔なザコを排除して、セイブがつつがなく長距離《チャージ》できるパーティになってんだけど。
 おまえら打ち合わせでもしたのか。
セバスチャン   すべて予知しておりました。(一同爆笑)
セイブ   わかってるなー、《村長連合》(笑)。
セバスチャン   私が言えることは、このくらいですかね。
 あ、外見は普通のセバスチャンね。
GM   ごめんそれ共有できない。
 というわけで、キャラクターが出そろいましたが……。
ジャック   ふう……、いいセッションだった……。(一同爆笑)
GM   うん、もうキャンペーン1つ終わったような気さえするけど、
 ――セッションを始めようか。(一同爆笑)


 続く。