村超スピリッツ!
ソライロセカイ




Opening. 『銀河宇宙左衛門』


GM   はい、じゃあ、村長のキャンペーンをやってきたわけですが、今回が最終セッションとなります。
一同   はーい。
GM   君たちは、【光の速さで居合い抜く、もの言わぬサムライ】に大切な【村の秘宝】を盗まれてしまい、これまでそのサムライを追ってきたわけだ。
 その過程で、同じよーにサムライに【秘宝】を盗まれたよその村長とも出会い、行動を共にしている。
 で、ようやく、そのサムライの出身地という大きな手がかりをつかんだわけだ。



 詳しくは、『CHAPTER.01 ミズイロユウキ』をご参照ください。
 間にあったセッションをスッ飛ばしていきなり最終回を迎えてますが、大人の都合ですいません。
 なんかPCが1人ほど増えてたりしますが、大人の都合ですいません。
 大丈夫。もともと、最終回だけ載せても読めるようなリプレイにするつもりのキャンペーンでした!



アンリ   サムライのどうしようもない本名までつかんじゃって。
シャスター(新キャラ)   銀河宇宙左衛門(ぎんがそらざえもん)
GM   ま、それは後で説明しよう。まずは改めてキャラクターの確認だ。



 というわけで、PCをご紹介します。


アンリタンブール

 《宇宙》と《異種》の「テトペッテン村」出身の少年。
 アンリタンブールは群体であり、村たる小惑星そのものが彼なのです。
 そしていわく、「定期的に宇宙から女の子がやってきて、アンリタンブールたちは彼女に気に入られようと努力し、繁殖します」。
 繁殖できなかったアンリは寿命が短いため死亡。繁殖できてもすぐに死亡。そうして次代につなげていくんだとか。
 【村の秘宝】は「女の子」。サムライにさらわれてしまいました。
 PCであるアンリタンブール3号は、彼女を探すべく世界中を旅しているのです。


サンチョ法師

 《武人》と《宗教》の「大乗ウェスタン村」出身の男。
 ミリオンダラーを求めて西へ西へ開拓しまくった荒くれたちが、西の果てから仏典「西部の掟」を持ち帰ったビリー・ザ・大師のおかげで、一夜にして曼荼羅を求めるようになったという、とんでもない村です。
 現在、多くの法師が世界中を旅し、「西部の掟」を広めるためにカタコトで布教活動に務めています。
 【村の秘宝】は「西部の掟」。サムライに奪われてしまいました。
 PCであるサンチョ法師は、「西部の掟」を取り戻すべく、倶利伽羅不動ガンを携えて、今日も荒野を行くのです。


フスタ・フラジェッロ

 《畜産》と《祭》の「イーディケ村」出身の女教師。
 「村長力に頼らぬ学園を作ろう!」という村なんですが、《畜産》の対象が「生徒」っていう時点でもうダメです。
 手乗りサイズの「封印具」でなんかすごいなにかを封印しているらしいんですが、誰もそんなに気にしちゃいません。
 【村の秘宝】は「封印具」。サムライにぶん取られてしまいました。
 PCであるフスタは、「封印具」を取り戻すべく、生徒たちを駆使して鞭を振るうのです。


シャスター

 《魔術》と《サイバー》の「T.A.R.O.T.村」出身の新キャラ。
 14歳のさわやかな少年ですが、見た目はムキムキマッチョのサイボーグ。
 始祖が自身の脳髄を「マザー・コンピュータ」に提供することにより、サイバー化によって誰でも魔術を使えるようになった村なので、使い魔の電気羊を連れていたりします。
 【村の秘宝】は「マザー・コンピュータ」。サムライにかっさらわれてしまいました。
 PCであるシャスターは、「マザー・コンピュータ」を取り戻すべく、羊に乗って魔術を放つのです。


 そして、以下がこの最終セッションの「今回予告」です。


◆今回予告


 はるかな宇宙へ旅立った、一人のサムライ。

 その胸には希望があった。その顔には期待があった。
 果たさねばならぬ、誓いがあった。
 それゆえ、彼は戦った。

 腕が飛んだ。
 もはや、刀をつかめなくなった。
 彼は、魔術を駆使して、戦った。

 脚が弾けた。
 もはや、歩く事もできなかった。
 彼は、這いずりながら、戦った。

 心が痛んだ。
 もはや、人を傷つけたくなかった。
 彼は、痛みを無視して、戦った。

 やがて、彼は腕を得た。
 やがて、彼は脚を得た。
 けれど心を捨て去った。
 救いのために――願いのために。

 村長よ。
 誓いの鬼神に、何を見る――?

村超スピリッツ! 「ソライロセカイ」
The Last Chapter.
『ソライロセカイ』

 ――これは、村長たちの、追撃の物語である。





GM   君たちは旅のさなか、さまざまな苦難を乗り越えてきた。
 そしてようやく、ある村で、魔壁魔技衛門(まかべまぎえもん)という、例のサムライと同郷の男に出会い、サムライの本名が『銀河宇宙左衛門』であることを知った。
 今回は、魔技衛門の案内で、宇宙左衛門の故郷を訪れるところから始めます。
『ここだぜ!』
 と案内されたのは、森に面した素朴な感じの村。
『ここが、《魔術》と《武人》の「魔無頼(まむらい)村」だ』
サンチョ   ホウ。
GM   ちょんまげを結った侍が行きかう、江戸時代の街並みっぽい感じの、だが村だ(笑)。
アンリ   日光江戸村みたいな。……で、この村に来て何するんだったかな?
シャスター   銀河宇宙左衛門の目的を探るんですよ!
 なんでまったく共通性が見えない秘宝を奪いまくってるのかとか!
アンリ   そうだなあ。いまだに不思議でならないよ。
GM   「村の秘宝を設定しといてね」って言ったら「女の子」とか言い出した奴が何を言う。
サンチョ   とりあえず、村長に会いニ行きマスカ。
フスタ   そうだね。
GM   じゃ、君たちは、質実剛健たる雰囲気の武家屋敷に案内されます。
サンチョ   心ガ洗われルようダ。
アンリ   どのへんに《魔術》があるのか、ちょっと興味あるな。
GM   魔技衛門が話を通して、君たちは屋敷の中に招かれる。
 至るところにドーマンとか梵字が書かれた屋敷の中を進んでいくと――
 やがて君たちは、畳を敷かれた和室に通される。
 そこには年老いた1人のサムライが座っているわけだ。
『わしが、村長の安倍義経じゃ。何用かな?』
アンリ   銀河宇宙左衛門という男をご存知ですか。
GM  『よく知っておる――と言っても、出奔してしまったがな』
アンリ   我々は、かくかくしかじかで【村の秘宝】を盗まれ、その男を追っている最中でして。
GM  『なんと、宇宙左衛門が左様なことを。
 ご迷惑をおかけしたようだ。まことに申し訳ない』
アンリ   ヤツがこの村の出身だということが分かり、何か手がかりがあればと……
GM  『しかし、あやつの行方は我らにも知れぬ――』
シャスター   なんで出奔しちゃったのかとか、分かりませんかね?
GM   村長は、魔技衛門と顔を見合わせる。
『魔技衛門よ。宇宙左衛門の家に案内してやるがよい』『――ははっ!』
サンチョ   おお、上下関係が厳シイ。
GM   というわけで、魔技衛門が案内してくれます。
アンリ   村を追い出されたってわけじゃなかったんだな。
 家も残ってるってことは、そこまで嫌われ者でもなかったと。
GM   では、村の隅にある、うら寂れた家に到着します。十畳にも満たない狭さ。
 魔技衛門はその中に入ると、ずかずかと奥を目指していく。
フスタ   誰もいないのかな、と思いながらついていく。
アンリ   宇宙左衛門が出奔したのは何年前なんだ?
GM  『5年ほど前になるかな』
アンリ   ふむ。道理で荒れているわけだ。
シャスター   家族は?
GM  『ここにいるとも』
アンリ   いるの!?
GM  『おうとも』
 答えて、魔技衛門が『スパーン!』とふすまを開ける。
 その先は寝室のようで、敷かれた2つの布団には、女性と少年が寝ているね。
シャスター   えッ、そんな、眠ってるところに『スパーン』って……(汗)。
フスタ   入ってよかった……の、か?
GM   魔技衛門に躊躇はないね(笑)。
アンリ   人が住んでいるというのに、この荒れよう――
サンチョ   しかモ、今ハ昼ですヨネ。
シャスター   この人たちの脳、何かに使われてるのかな? うちの村みたいに。
アンリ   魔技衛門。こちらの方々は?
GM  『宇宙左衛門の妻子――お凛と晴天丸だ。
 奇病でな。おそらく裏村超力の影響だろう。眠ったまま起きる気配がない』
 ……ここで、「判定基準:〔技〕」による〔知識〕判定を行ってもらえるかな。
 これはP判定として扱うので、判定値が高いといいPオーブがもらえるぞ。
一同   (ころころ)
GM   みんな10以上か。じゃあ、判定値に応じたPオーブを獲得しといてね。
 君たちは、こういう病気について聞いたことがある。裏村超力の影響だ。
シャスター   それは裏村長の意志によるもの?
 それとも、自然発生的な裏村超力の影響なの?
GM   後者だね。知っての通り、裏村超力は負の力だ。その荒廃の力に対して、魂そのものがアレルギーを発症することがある。
 そのままだといずれ発狂してしまうので、無意識に精神防御を行って、魂を心の奥深くに閉じ込めてしまうんだ。
シャスター   栄養摂取とかはどうなるの?
GM   裏村超力に反発しようと体内の村超力を活性化させた結果、仮死状態が維持される。
 肉体が時間停止している感じだね。
 とはいえ、このまま放っておくと、そういう状態が『当たり前』になってしまい、永遠に意識が表層に戻って来れなくなるだろう。
 治療法は見つかっていない。珍しすぎて、調べようとする人間がほとんどいなかった、っていうのが実状だけどね。
フスタ   なるほど。
シャスター   2人いっしょに罹ったのはなんで? 変なものに触ったとか?
GM   純粋に体質の問題だろうね。
 現在も、この世界の裏村超力は強まり続けている。そのせいだろう。
フスタ   免疫の弱さが遺伝したってことか。
シャスター   でも、なんで我々の秘宝を求めたんだろう?
GM  『さあねえ――。
 少なくとも、奴ァ、知っている限りのあらゆる術を試した。
 それでもどうにもならねえってんで、てくのろじいを求めて宇宙に旅立ったのさ』
シャスター   テクノロジーなら、ボクの村にも溢れかえってるからね〜。
GM   と、そのとき。背後から、『ぽろ〜ん』という竪琴の音が響いた。
アンリ   (うろんげに)あァン?
シャスター   この和風な世界観に竪琴?
GM   振り向けば、そこには金髪碧眼の派手な格好をした青年が立っている。
 ちょっと、〔技〕の〔知識〕か〔心〕の〔交流〕で判定だ。難易度は10。
 ――成功したなら、知ってる。彼は《鬼没詩人(フェードアウェイ)》リーベという吟遊詩人だ。突如現れては、村長たちに必要な情報を詩で伝え、変な方法で去っていく謎の青年として知られている。
シャスター   あ、あなたはかの有名なっ!
アンリ   では、どんな消え方をするのかワクテカしながら見ていよう。
GM   彼は、竪琴をかき鳴らしながら――
『はるかな宇宙に旅立った、1人のサムライ――』
 と今回予告をひとくさり吟じ始める。(一同笑)
フスタ   で、タイトルまで唄いきる(笑)。
GM   そこまでは……やりそうだな、こいつ(笑)。
アンリ  『これは、村長たちの追撃の物語である』(笑)
GM   ところが、その後、詩が続く。
『たおれ伏すサムライに手足を与えたのは、誰か。
 うなだれるサムライに知恵を囁いたのは、誰か。
 其は、裏なる知恵者。学術と技術の申し子――』
 と吟じてから、全身を折り畳まれるようにして消えていった。
一同   ええええええええ(笑)。
シャスター   もっとカッコいい消え方をしてくれると思っていたのに(笑)。
サンチョ   なカなカ不思議な御仁でしタガ……、今のハ?
シャスター   要するに、病気を治そうと努力してたら、悪い奴に囁かれてボクたちの秘宝を奪うようになったってことでしょ? だったら宇宙左衛門を殴るなり説得するなりすればいいと思う。
アンリ   そもそもあいつはなんで喋らないんだ?
GM  『俺が知っている限り、そんな無口な奴じゃなかったけどなぁ』
アンリ( )   とりあえず……《鬼没詩人》の()を信じるなら、奴が道を誤ったのは、“裏なる知恵者”の存在が大きい、と。
GM   そいつが誰か、ってことまでは明言しなかったけどね。
アンリ   ちなみにGM、村長って宇宙出たらどーなります?
GM   「地形効果・宇宙」と「地形効果・青息」の効果を受けます(笑)。
 まあ、村長なら生きていけるだろう。
 ちなみに、宇宙左衛門は村長ではなかった。常人より強い村超力の持ち主ではあったけどね。



 一行は、「学術」と「技術」を《研究》と《サイバー》と考えて、それらの特産物を持つ裏村長がいないかどうか、〔知識〕判定を行ってみました。
 結果、《邪改造(マッド・ハンド)》の異名を持つ裏村長、ハクシミリアンV世の存在が浮上してきました。



GM   裏村超力に満ちたサイバーパーツで、人を勝手に改造する人だね。
 本人自身、老若男女のパーツを掛け合わせたような姿をしている。
 出身地はハク村。別名を「機動研究所」と言って、世界中を動き回っているらしい。
アンリ   動く城ってヤツだな。
シャスター   統一性のないサイボーグは嫌いだな。もっと機能美ってものをだな〜。
アンリ   宇宙左衛門に囁いたのはコイツで間違いないかな。
 ひょっとしたら、こいつが宇宙左衛門に秘宝を集めさせているのかもしれない。
シャスター   ハク村を探すか、ひたすら宇宙左衛門の足跡を追うか、だね。
GM   ちなみに、いま現在も、宇宙左衛門については君たちの村の連中が調べまわっているよ。
 もちろん、君たちが協力すれば、成果はもっと上がるかもしれないが。
サンチョ   個人的には宇宙左衛門を追いたい気がしマスがネエ。
シャスター   その手がかりを追うためにもハク村に行く? 外れたら時間がかかるのがデメリットだけど。
アンリ   そうだな。
GM   では、ハク村を探すということで。オープニングはここで終了だ。


 続く。